Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

CTの断面

【読み】:しーてぃーのだんめん
【英語】:section of computed tomography
【書籍】: 歯科用コーンビームCT徹底活用ガイド -基礎から診断まで-
【ページ】:11、12、94

キーワード解説:

CTでは、撮影によって得られたデータを、軸位断、矢状断、冠状断のそれぞれ直交した3方向の断面に切り出して、断層像を観察するのが基本である。軸位断面は、体軸または頭軸に直交した横断面を表す。ヘリカルCTの場合、撮影された基本画像は、軸位断像として表示される。矢状断面は、体軸または頭軸に対して平行で前後方向の断面を表す。歯科用コーンビームCTの場合、矢状断像では、顎骨の歯列に対して犬歯臼歯部の顎骨が斜めの断面となりやすく、顎骨を側方向から観察するには向いていないため、必要に応じて歯列平行断面が利用される。冠状断面は、頭部の矢状断面に直交した体軸方向の断面である。歯科用コーンビームCTの場合、顎骨歯列が馬蹄形の曲面をもっているので、冠状断像では歯列に対して斜めの断面となりやすいため、必要に応じて歯列直交断面が利用される。