Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

pedicle tunneling technique

【読み】:ぺでぃくるとんねりんぐてくにっく
【英語】:pedicle tunneling technique
【書籍】: ザ・クインテッセンス 2009年10月号
【ページ】:3

キーワード解説:

 歯間乳頭の再建のための有茎弁移植法。有茎弁を用いて血流をグラフト(移植片)に確保して生着の成功率を高めるともに、口蓋より有茎弁をローテーションさせトンネリングの手法を用いることで、唇側に1糸縫合するのみで確実にグラフトを所定の位置に固定することができる。大まかな手順は以下のとおり。
1.口蓋から移植のための有茎弁を採取する。
2.歯肉溝切開を行い、歯間部にトンネル状の切開をいれる。
3.唇側から針を通し、口蓋のグラフトをつかみ、針を唇側に戻していき、この縫合糸で慎重にグラフトを乳頭下に引っ張り、所定の位置にセットする。
4.唇側を縫合し口蓋の切開線を縫合して終了。