Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

スタディモデル

【読み】:すたでぃもでる
【英語】:study model
【書籍】: 臨床咬合補綴治療
【ページ】:186

キーワード解説:

スタディモデルとは、臨床において診査・診断・治療計画の立案など、患者の口腔内の情報をさまざまな角度から観察できるものである。静的(解剖学的形態)な情報のみならず、動的(機能・パラファンクション)な情報も観察・推測することができる。咬合器に中心位で装着されたものは咬合診断用模型とよばれ、既存の最大咬頭嵌合位(ICP)と中心位・生理的顆頭安定位との不調の診断が行える。また早期接触や、早期接触からICPまでの滑走の方向や距離も観察でき、水平的、垂直的な偏位の程度を分析・評価することができる。