Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

補綴主導型インプラント治療

【読み】:ほてつしゅどうがたいんぷらんとちりょう
【英語】:restoration-driven implant treatment, Top down treatment

キーワード解説:

インプラント治療において、まず口腔内全体における機能的・審美的な補綴物の設計を行ったうえで、それに従ってインプラント埋入位置の決定や外科処置を行い、インプラント治療を行うという治療方法。1990年代初めごろまでのインプラント治療においては、オッセオインテグレーションの獲得を優先事項として補綴設計を行うという「外科主導型インプラント治療」が行われていた。しかし、骨移植・GBRなど骨造成の術式が発達したため、1990年代半ばより「補綴主導型インプラント治療」が推進されるようになった。さらに2000年代に入り、外科的侵襲度・治療期間・治療費などの要素に可能な限り患者の要望を反映させる「患者主導型インプラント治療」の考え方も導入されるようになっている。