Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

難症例

【読み】:なんしょうれい
【英語】:difficult case
【書籍】: 続・1時間で読めて30年使える 歯科臨床の7つのツボ+100選
【ページ】:16

キーワード解説:

難症例の代表として、多数歯欠損のケースがあげられる。歯の喪失にともない顎堤の吸収が激しくなるため、難症例になる場合が多い。例として、上下顎のバランス(上顎は頬側から、下顎は舌側から吸収する)をとる難しさ、インプラントを植立する場所がない、GBR、バナナトゥース、アーチの小さい歯列からくる舌房の狭窄など、さまざまな問題を難症例は包含している。