Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

インプラント上部構造装着時の清掃性の確認

【読み】:いんぷらんとじょうぶこうぞうそうちゃくじのせいそうせいのかくにん
【書籍】: これでバッチリ! インプラント治療のアシスタントワーク 下巻(歯科衛生士臨床のためのQuint Study Club)
【ページ】:80

キーワード解説:

インプラント治療での上部構造は、天然歯と同様の形態を与えることが困難な場合があり、欠損が多数歯にわたっている場合や骨吸収が重度な場合には、上部構造の立ち上がり形態が不自然となり、清掃性が低下しやすい。清掃しにくい形態=プラークが停滞しやすい環境であることから、プロビジョナルレストレーション装着中および上部構造の試適時には、患者・歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士が連携し、清掃用具が使用できる形態か(高い清掃性か)確認・評価しながら、機能性・審美性・清掃性のバランスが取れた最終補綴物を製作することが重要である。