Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

コホート研究

【読み】:こほーとけんきゅう
【英語】:cohort study

キーワード解説:

コホートという言葉は、ラテン語の「cohors」で300人~600人の戦闘集団から由来し、疫学用語では「一定期間にわたって追跡される人々」という意味で用いられる。コホート研究とは、疾病や異常の発生に影響を与えると仮定される要因に曝露されている集団とさらされていない集団とで、疾病の発生状況の差を比較する方法で「前向き(prospective)コホート研究」と「後ろ向き(retrospective)コホート研究」の2つに分類される。
 前者は、現在、原因因子に曝露されているか否かで、それぞれの集団で将来どのような疾病が発生していくかを追跡し、後者は、現在までに生じた疾病や異常を検討する。情報の信頼性としては、過去にさかのぼって検討する後ろ向きよりも、これから発生する事象を観察していく前向き研究の方が高いといえるが、追跡できなくなる対象者が出てくる、調査期間が長く費用や労力が大きいなどの欠点がある。