Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

無歯顎における補綴治療タイプによる荷重プロトコール

【読み】:むしがくにおけるほてつちりょうたいぷによるかじゅうぷろとこーる
【英語】:loading protocols for different prosthodontic treatments in the edentulous jaw
【書籍】: ITI Treatment Guide Volume 4 インプラント歯学における荷重プロトコール 無歯顎患者
【ページ】:22

キーワード解説:

第4回ITIコンセンサス会議において、関連論文を検索し、科学的検証のレベルによって各補綴処置に対する荷重プロトコールが四段階の水準に分けられた:
1.科学的かつ臨床的に検証されている(SCV)
上顎―固定性補綴による通常荷重
下顎―可撤性補綴による通常荷重
2.臨床的によく実証されている(CWD)
  上顎―固定性補綴による即時荷重、可撤性補綴による通常荷重
  下顎―固定性補綴による通常荷重および即時荷重、可撤性補綴による早期荷重および即時荷重
3.臨床的に実証されている(CD)
  上顎―固定性補綴による早期荷重および即時埋入・即時荷重、可撤性補綴による早期荷重
  下顎―固定性補綴による早期荷重
4.臨床的に十分立証されていない(CID)
  上顎―可撤性補綴による即時荷重および即時埋入・即時荷重
  下顎―固定性補綴による即時埋入・即時荷重、可撤性補綴による即時埋入・即時荷重