Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

基準位

【読み】:きじゅんい
【英語】:reference position:RP
【書籍】: ザ・クインテッセンス 2011年1月号
【ページ】:160

キーワード解説:

いわゆるナソロジー学派を中心とした中心位の定義の論争とは少し違った意味で、オーストリア・ウィーン大学(当時)のSlavicek Rらが提唱した顎位。下顎頭蓋系に機能障害を持つ症例を考慮し、下顎に力を加えずに採得できる再現性のある終末位のこと。もしも関節円板が転位しているような下顎頭と関節円板とが「中心関係」にない場合はderanged RP(DRP)とし、機能障害のある患者における治療目標の下顎位(thrapeutic「reference」 position:TPまたはTRP)として術者が客観的に診断に基づいて診断するように考えたもの。