Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

X線によるインプラントシステムの判別ポイント

【読み】:えっくすせんによるインプラントしすてむのはんべつぽいんと
【英語】:point for identifying an implant system using X-ray

キーワード解説:

すでに埋入されたインプラントの再治療を行う際、口腔内所見から得られる情報はあまりに少ないため、そのシステムを判別するには、顎骨内に埋入されたインプラント体をX線撮影し、得られたX線像で見極める意外に方法はない。その手順としては、まずパノラマX線を撮影し、インプラント体の全体像、大まかな位置、方向、周囲骨の状態などを把握する。この時点で、見覚えのあるシステムや特徴的な形態であると判別が可能である。
パノラマX線で判別できなければ、口腔内所見から判断し、インプラント体全体が入るようにデンタルX線を平行法、正放射線投影で撮影し、詳細に見ていく。ここで重要なのはデンタルX線を平行法で撮影することであるが、そのためには口腔内のインプラントの頬舌的な角度を把握する必要がある。
デンタルX線画像でも1つのシステムに絞りきれずに複数の候補がある場合は、インプラント体のサイズをX線上で計測し、候補となるシステムのラインアップに該当するサイズがあるかを確認し、決定する。