Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

BOSFE法

【読み】:びーおーえすえふいーほう
【英語】:the bone-added osteotome sinus floor elevation technique

キーワード解説:

Summersにより提唱されたオステオトームテクニックの手法の一つ。骨移植材料を用いて歯槽頂から上顎洞底を挙上する方法であり、通常ソケットリフトと呼ばれる。手順としては、初めのオステオトームで上顎洞底1~2mmまで弱い槌打を行いインプラント窩を形成する。次にオステオトーム先端が洞底から1~2mmに達していれば、次第にオステオトームの径を大きくしていく。続いてインプラント窩内に移植材料を詰めてから、最終オステオトームで弱い槌打を行い、洞底の皮質骨を内骨折させると洞粘膜が挙上される。その後は適切な挙上量が得られるまで、補填操作を繰り返す。注意点としては、オステオトームの挿入深さを守ること、オステオトームは洞内に突き出さないか、ほんのわずか突出させるようにすることである。