Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

2級窩洞の充填

【読み】:にきゅうかどうのじゅうてん
【英語】:Class 2 Direct Restoration
【書籍】: 1からわかるコンポジットレジン修復
【ページ】:108

キーワード解説:

セクショナルマトリックスとバイタインリングを使用する。クサビを使用しない場合は、充填時にコンポジットレジンを隣接面窩洞に強く圧接すると、歯肉側マージンからレジンがはみだしてしまうので、あらかじめフロアブルコンポジットレジンで歯肉側マージンを封鎖する。クサビを使用していても、あらかじめフロアブルで窩洞深部をライニングすることで、隅角部への気泡の混入を防げる。そしてフロアブルを光硬化させる。金属マトリックスは光を通さないので、充填に際しては咬合面方向から20秒間しっかり光をあてる。その後、ペースト型のコンポジットレジンを充填し、光硬化させる。隣接面部の窩洞の深さが4mmを超える場合は、コンポジットレジンを積層するか、1層目(約2mmの厚さ)にフロアブルを使用する。