Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

Eichner 分類

【読み】:あいひなーぶんるい
【英語】:Eichner’ s classfication
【書籍】: 見る目が変わる! 「欠損歯列」の読み方、「欠損補綴」の設計
【ページ】:10

キーワード解説:

Eichnerが考案した、欠損部位の存在位置よりも、三次元的に現存歯の咬合接触域(咬合支持域)に着目した咬合支持の分類。左右の小臼歯部および大臼歯部の4つの咬合支持域に分類し、それぞれに安定した咬合支持域が存在するかどうかによって、A・B・Cの3群、さらにA1~3、B1~4、C1~3に分類した。
 歯、咬合支持の喪失の程度(歯数、咬合支持数)から、欠損歯列がどのような「レベル」にあるのかをとらえるのに用いられる。