Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

Highetの分類

【読み】:はいつのぶんるい
【英語】:highet classification of nerve injury
【書籍】: イラストで語る歯科医学最前線
【ページ】:78

キーワード解説:

Highetの分類とは、知覚障害の臨床的評価のことをいう。具体的にはS0(完全な脱失)、S1(深部痛覚の出現)、S2(皮膚の表在感覚と痛覚のある程度の回復)、S2+(痛覚と触覚の完全な回復と痛覚過敏の出現)、S3(痛覚と触覚は回復し、痛覚過敏は消失)、S3+(位置感覚が回復し、2点識別がある程度回復)、S4(完全な感覚の回復)の7つに分類される。静・動的触覚検査、2点識別検査、温冷覚検査、痛覚検査などが一般的な評価法で、完全回復では触覚・痛覚があり、2点識別10mm以下を示す。ただし、どれも患者による自己申告の検査であるため、患者との適切な信頼関係が不可欠である。