Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

スペイシー咬合器スマートを用いた前方運動の咬合調整

【読み】:すぺいしーこうごうきすまーとをもちいたぜんぽううんどうのこうごうちょうせい
【英語】:occlusal adjustment of the protrusive movement using the Spacy Articulator Smart
【書籍】: 保険総義歯のススメ
【ページ】:38

キーワード解説:

前噛みが可能な総義歯を製作するためには、両側性平衡咬合を付与する必要がある。そのため、咬合調整により側方運動時の平衡咬合がとれた後に、前方運動時の咬合調整を行う。スペイシー咬合器スマートは、調節ネジによって、1mm単位で前方運動を調節可能であり、前方運動を行いながら前歯を削合していくことでバランスをとっていき、最終的に前歯が接触したときに臼歯も接触するように咬合調整を行うことで、前噛みが可能な両側性平衡咬合になる。