Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

CawoodとHowellの分類

【読み】:けいうっどとはうえるのぶんるい
【英語】:Cawood and Howell classification

キーワード解説:

上下顎歯槽突起における、吸収による典型的な形態変化のパターンを示した分類。上顎の骨量は上顎洞の含気化による影響を受ける。下顎では、骨の高さが失われるに従い下顎弓の幅は拡がる。
Class I 有歯
Class II 欠損直後
Class III 顎堤が丸く、高さと幅が十分ある
Class IV 顎堤がナイフエッジ状。高さは十分であるが、幅は不足
Class V 平坦な顎堤。高さも幅も不十分
Class VI 陥凹した顎堤。基底部の喪失を認める場合がある