Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

バイオロジックスプリント

【読み】:ばいおろじっくすぷりんと
【英語】:biologic splint
【書籍】: 成人矯正歯科治療
【ページ】:39

キーワード解説:

バイオロジックスプリントとは、extra alveolar connective tissue envelopeともいわれ、歯・歯列を取り囲む一連の結合組織の膜が存在しているという概念である。これにより歯根膜・歯根膜様構造物がひとつの結合した単位となり、骨を囲みすべての歯をひとつのアーチに保持し、結びとめる作用をしている(Arnim & Hagerman.1953: The nature of orthodontic desease.をHorowitzとHixonが引用)。矯正力が加わると歯を支えている歯根膜に変形が生じ、骨吸収を促進させ、歯が移動する。その際にバイオロジックスプリントにバランスの崩れが生じる。バイオロジックスプリントは、(1)歯の安定化因子、(2)歯を移動させる因子、(3)骨吸収・添加をコントロールする因子の役割を担っている。