Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

陽性・陰性症状評価尺度

【読み】:ようせい・いんせいしょうじょうひょうかしゃくど
【英語】:positive and negative syndrome scale: PANSS
【書籍】: 知らなかったではすまされない! 改訂新版 有病高齢者歯科治療のガイドライン 下巻
【ページ】:133

キーワード解説:

精神疾患全般の評価尺度としてBPRS(brief psychiatry rating scale:簡易精神症状評価尺度)が用いられているが、とくに統合失調症の精神症状の評価には、BPRS に基づいたPANSS(positive and negative syndrome scale:陽性・陰性症状評価尺度)が頻用されている。PANSSの評価基準は、陽性尺度7項目、陰性尺度7項目、総合精神病理評価尺度16項目の計30項目から構成されていて、重症度の評価は「先週から現在まで」という特定の期間において、それぞれの項目ごとに、1. なし、2. ごく軽度、3. 軽度、4. 中等度、5. やや重度、6. 重度、7. 最重度の7段階で評価される。