Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

デュアルインサイザルポジション法

【読み】:でゅあるいんさいざるぽじしょんほう
【英語】:dual incisal position method
【書籍】: ザ・クインテッセンス 2019年 7月号
【ページ】:70

キーワード解説:

 一般的に矯正歯科診断学において、下顎前歯の位置は、矯正歯科治療後の歯列の安定にもっとも影響を及ぼすという考えのもと、それを基準に診断することが多い。しかし、審美的な補綴臨床においては、上顎前歯のインサイザルエッジポジションをはじめに決定することを原則としている。そこで、矯正歯科学と補綴歯科学の診断を融合させた、上下顎2つのインサイザルポジションを考慮した方法が“デュアルインサイザルポジション法”で、本法を用いて治療計画を立案することが肝要である。
 それらの決定要件について、上顎は、1)審美的要件、2)ボーンハウジングを歯周組織再生療法によって改善、骨増生の限界を目安に矯正歯科治療の目標を設定、3)切歯管の位置、4)下顎インサイザルエッジの位置などが挙げられ、下顎は、1)審美的要件、2)舌・気道の関係、3)ボーンハウジングを歯周組織再生療法によって改善、骨増生の限界を目安に矯正歯科治療の目標を設定などが挙げられる。