Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

シュワン細胞

【読み】:しゅわんさいぼう
【英語】:Schwann cell
【書籍】: ザ・クインテッセンス 2019年 8月号
【ページ】:105

キーワード解説:

 ドイツの生物学者であるProf. Theodor Schwann(1810-1882)により発見された、髄鞘を形成する細胞。末梢神経が損傷を受けると、その近位側で髄鞘を形成していたシュワン細胞が、分化状態から未分化状態に脱分化して増殖を開始する。そして、増殖したシュワン細胞は遠位側の軸索の断端に向かって進み、それに従うように近位側から軸索が伸長して遠位側とつながる。したがって、シュワン細胞のおかげで末梢神経は再生できるといえる。