Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

Tunneling IC Incisions Technique(TICIT)

【読み】:とんねりんぐあいしーいんしじょんてくにっく(てぃーあいしーあいてぃー)
【英語】:Tunneling IC Incisions Technique(TICIT)
【書籍】: ザ・クインテッセンス 2019年 9月号
【ページ】:52

キーワード解説:

 山口が提唱する、マイクロスコープを用いたフラップデザイン。歯の欠損部に隣接した近心垂直性骨欠損が、その適応症となる。再生させたい垂直性骨欠損上の歯肉は切除せず、トンネル状にすることで、血液供給を重視したフラップデザインとなっている。なお、垂直性骨欠損から離れた位置にI型の縦切開、C型の歯肉溝切開と2本の切開線を用いることから、「Tunneling IC Incision Technique」と名付けられた。