Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

アダムスプライヤー

【読み】:あだむすぷらいやー
【英語】:Adams pliers
【書籍】: はじめての矯正歯科技工
【ページ】:10

キーワード解説:

 矯正歯科技工で多用されるプライヤーの1つ。プライヤーを閉じたときに関節部分に約0.6mmの間隙ができるため、プライヤーの先端で0.7mmのワイヤーを把持したときに先端に力が集中できて把持が確実に行える。このため単純鉤や緩いアーチの屈曲などにも使用できる。なお、矯正歯科技工で用いられるプライヤーの選択に際しては、そのプライヤーの一番細い部分(先端)で屈曲可能なワイヤーサイズを表示している「屈曲許容径」を確認することが重要である。