Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

機能模型

【読み】:きのうもけい
【英語】:functional model
【書籍】: はじめての矯正歯科技工
【ページ】:22

キーワード解説:

 矯正歯科技工で用いられる模型の1つ。外形が歯列弓に沿ったカマボコ型をしており、機能的咬合器上に置くと歯列と顎関節との関係を診断に取り入れることができる。上顎基底面の厚さと高さは生体の眼耳平面と同じで、下顎基底面と平行になっており、上下顎の模型はかなり厚いものとなっている。顎関節の動きを記録できることや、左右の関節頭のずれなども観察できる。顎関節症と矯正歯科治療とのかかわりが問題視される今日では、顎関節機能の診査においてリスクマネジメントのうえでも必要とされている模型である。