Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

submucosal self-performed plaque control

【読み】:さぶむこさるせるふぱふぉーむどぷらーくこんとろーる
【英語】:submucosal self-performed plaque control
【書籍】: DHが守れる最後のチャンス! インプラント周囲粘膜炎
【ページ】:32

キーワード解説:

 フロスを用いて歯肉縁下へアプローチするプラークコントロールのこと。歯ブラシや歯間ブラシを用いた通常のOral Hygiene Instruction (OHI)で健康を維持できていれば問題ないが、Bleeding On Probing(BOP)(+)やmodified Gingival Index(mGI)(+)が続く場合、粘膜縁下部のセルフケアが必要となる。
 ただ、インプラント周囲炎に罹患している場合やスレッドが露出しているインプラントの症例はセルフケアにおけるフロス使用は控えたほうがよいとされている。
 まだ、エビデンスに十分サポートされた方法とは言えないが、セルフケアに組み込むことで粘膜の健康を維持できたと報告している論文もあり、今後の報告が待たれる。