Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

編集部が厳選してお届けする歯科関連キーワードの一覧ページです。会員登録されると、キーワード検索機能が無料でご利用いただけます。会員登録はこちら≫≫≫

SOAPIE形式による業務記録

【読み】:SOAPIEけいしきによるぎょうむきろく
【英語】:a work journal of a dental hygienist in SOAPIE format
【書籍】: 歯科衛生士2021年8月号
【ページ】:24

キーワード解説:

 SOAPIE形式による業務記録とは、従来から用いられていたSOAP(Subject date:主観的データ、Object date:客観的データ、Assessment:評価、Plan:計画)形式による業務記録に、介入(Intervention)、期待される結果(Evaluation)の項目を加えた記録方法である。
 歯科衛生士がSOAPIE形式による業務記録を行う利点としては、①項目ごとに情報が整理されているため読みやすい、②他の歯科衛生士や歯科医師との情報共有が容易、③介入した内容が適切であったかどうかを評価できるため、治療の質の向上が期待できるなどが挙げられる。