Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

編集部が厳選してお届けする歯科関連キーワードの一覧ページです。会員登録されると、キーワード検索機能が無料でご利用いただけます。会員登録はこちら≫≫≫

う蝕の病因論モデル

【読み】:うしょくのびょういんろんもでる
【英語】:model of caries etiology
【書籍】: 歯科衛生士 2022年4月号
【ページ】:69

キーワード解説:

 う蝕の病因論を示すモデルには、従来、個体要因(宿主と歯)、病原要因(微生物)および環境要因(生活習慣)が重なることによって発症する疾患であることを示す「Keyes(カイス)の輪」や、それに時間軸を加えた「Newbrun(ニューブラン)の輪」が用いられてきた。一方、「Fejerskov(フェジェルスコフ)の輪」では、う蝕の発症には社会の仕組みや経済的背景、個人が置かれた教育環境や家庭生活環境などの「外部環境要因」も深く関与していることが示されている。さらに、ソーシャルキャピタル(社会関係資本:社会・地域における人びとの信頼関係や結びつきを表す概念)の関与も指摘されている。このように、う蝕は「生活習慣」や「外部環境要因」も関与するNCDs(非感染性疾患)であることが明確にされている。