Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

書籍紹介動画

書籍紹介動画
   

21世紀版 インプラントのための重要12キーワード ベスト240論文 (2019年7月刊行)
編集:一般社団法人日本インプラント臨床研究会、編集委員:田中譲治ほか


画像をクリックすると動画再生画面が表示されます
2014年『インプラントのための重要12キーワード ベスト240論文 世界のインパクトファクターを決めるトムソン・ロイター社が選出』が発刊され、瞬く間に大好評につき重版出来! そこから、ペリオ、エンドなどシリーズ化が決定し、8冊が発刊された。今回はそのシリーズ化を決定づけた『インプラント編』が5年の時を経て“21世紀版”として再登場。掲載論文はすべて2001年以降に発表されたものに限定・刷新。さらに、「プレゼンで使える、あの分類および文献」ではペリオとインプラント周囲疾患の新分類なども掲載!

骨補填材料&メンブレンの歴史的変遷と最新トレンド (2019年3月刊行)
監著:岩野義弘/小田師巳、著者:岡田素平太/増田英人


画像をクリックすると動画再生画面が表示されます
第一部では、世界の使用頻度の高い骨補填材料18種類と最新メンブレン64種類についての変遷・潮流・分類などの解説。最新の知識とエビデンスはこれだけ読めば完全制覇できること間違いなし! 第二部では、歯槽堤再生のための最適な材料および術式を「何を、いつ、どう使う?」という観点で提示。最近大人気のIstvan Urbanの“ソーセージテクニック”もイラスト付きで掲載!

ビジュアル歯科臨床解剖 (2020年4月刊行)
著者:岩永 譲


画像をクリックすると動画再生画面が表示されます
「ザ・クインテッセンス」誌の人気連載「GPが知っておきたい診断・治療のための臨床解剖」が待望の書籍化! 写真とイラストをふんだんに用いて、歯科の臨床にかかわる解剖学を臨床医の視点でわかりやすく解説している。歯科医療従事者にとってとくに重要な「患者の口腔内と同じ角度から見る解剖」を学ぶことができる画期的な1冊。スタンダードの知識の獲得から臨床への応用までをカバーする歯科人必読の解剖書。

歯科衛生士のための21世紀のペリオドントロジー ダイジェスト 増補改訂版 (2020年1月刊行)
著者:天野敦雄


画像をクリックすると動画再生画面が表示されます
完治しない病・歯周病と向き合い続けるには、日進月歩の歯周病学のアップデートが不可欠。たとえば現在では、個々の病原性に合わせた指導が可能になり、100%磨きは万人に必須ではなくなっている。2015年に刊行したベストセラーの改訂版である本書では、科学的メインテナンスに必要な歯周病の最新病因論をコンパクトにわかりやすく解説。歯周疾患新分類や今話題のジンジパインに関する最新情報まで網羅した、他に類を見ない一冊。

攻めのクラウン・ブリッジ (2020年1月刊行)
著者:行田克則


画像をクリックすると動画再生画面が表示されます
1995年のthe Quintessence 1、2月号において、“S Shape Profile”を提唱されて20余年。ついに刊行される『攻めのクラウン・ブリッジ─S Shape Profileの臨床』。接合上皮マージン、Nameta circleから得られた傾向とその臨床の提案、オベイトポンティックの臨床、ポンティック基底面に接する歯肉の自浄作用の検証を中心に、100症例を超える提示とともに、積極的な治療手技で審美性をも獲得できることを示す著者渾身の1冊。
この検索結果はあくまでサンプルです。
本サービスのご利用は会員様のみとなりますので、ぜひこの機会に会員登録を願いします。

会員登録(無料)