文字サイズ: 小 標準 大 特大
パスワードを忘れてしまった場合 会員登録はこちら
「World Young Dental Innovators’ Meeting 2020」開催延期のお知らせ

  • ビジュアルマイクロサージェリー
    この本の書評を読む

    ビジュアルマイクロサージェリー

    口腔外科・インプラントにおける顕微鏡治療ガイドブック
    著者: [著] 柴原清隆
    A4判 / 140ページ / 2020-05-10 発売
    ISBNコード:978-4-7812-0745-2
    定価 本体8,800円(税別)
    クイントコード:17100
    モリタコード:208040709
    • チラシの価格表記は発行当時のものです。
    この本を読んで、マイクロスコープを使い倒そう!
    マイクロスコープが効果を発揮するのは何も歯内療法や歯周形成外科、支台歯形成に限ったことではない。本書では、抜歯やインプラント埋入、骨造成、サイナスアプローチ、トラブルシューティングといった場面でも応用可能であることを、多くの写真とともに解説。使用器具も紹介しており、マイクロスコープの拡大視野下でより安全で確実な治療を行い、さらなるレベルアップをめざす臨床家にとって格好のガイドブックといえる。

【本誌のご注文方法】


お問い合わせ」より、【お名前・郵便番号・ご住所・電話番号】をご入力いただき、【雑誌名・年号数・冊数】を明記の上お申し込みください。
代引き(送料一律660円)にてお送りいたします。

【オンデマンド版について】


1.オンデマンド版とは

弊社ホームページ会員様向け限定のサービスです。
絶版の書籍で、お客様からのご要望が多いものをオンデマンド印刷で製作いたします。
これによって、これまで重版・復刊できなかった書籍がお求めいただけるようになりました。


2.ご注文にあたっての注意

・ご要望を受け製作いたしますので、注文後のキャンセル及び返品はできません。
・品質的に従来の書籍とは異なる場合がございます。
・製品の性質上インターネットによる販売(クレジットカード or 代引き)に限定させていただきます。


【オンデマンド版希望カウンターとは?】


このサービスは、会員様限定のサービスとなります。
このたび、絶版となった書籍をオンデマンド版という形で、お客様にご提供するサービスを開始いたしました。オンデマンド版希望カウンターとは、お客様のニーズをお知らせいただき、小社にて次のオンデマンド版作成に向けての参考にさせていただくものです。

お客様がカウントアップされた書籍の販売が開始されますと、ご登録メールアドレスへ「販売開始お知らせ」メールをお送りいたします。ぜひこの機会にご利用くださいませ。

※・これはご予約ではなく、また購入を確約していただくものではありません。
 ・諸事情により、オンデマンド版作成ができない場合もありますので、ご了承ください。


【オンデマンド版について】

1.オンデマンド版とは

出版社が在庫を持たず、お客様からのご注文のつどに制作をする出版のことです。これによって、これまである程度の需要がなければ重版・復刊できなかった絶版本が、お求めいただけるようになりました。


2.ご注文にあたっての注意

通常の書籍とは異なりますので、以下のことにご注意ください。

・完全受注生産ですので、発注後のキャンセルはできません。

・品質的に従来の書籍とは異なる場合がございます。

・製品の性質上インターネットによる販売に限定させていただきます。

評者:辻本恭久(日本大学松戸歯学部歯内療法学講座・付属病院マイクロスコープ特診外来臨床教授)

 1990年代から歯科臨床でマイクロスコープが使用されるようになってきた.歯内療法を行う先生が中心となってマイクロエンドが盛んに行われ,現在までにマイクロエンド,マイクロエンドサージェリー,マイクロペリオサージェリー等に関しては多くの本が出版された.世界的にも学会が立ち上がり,著者の柴原先生も,日本顕微鏡歯科学会の活動に口腔外科医の立場から積極的に参加している.
 日本ではまだ口腔外科を専門としている先生がマイクロスコープを使用して治療するというスタイルが十分に確立されておらず,他の国においてもそうである.本書に書かれているように,多くの口腔外科医は血管吻合のためにマイクロスコープを使用することはあるが,柴原先生のようにすべての症例に使用している先生は世界でも稀である.柴原先生がマイクロスコープ治療を行いたいと思った動機は,患者のために時間短縮,低侵襲化したかったためであると本書のなかで記述しているが,まさしく患者サイドに立った考えであり同意する.
 本書では,マイクロスコープを使用して,口腔外科処置を行う際のオペ室での状況,配置,器具準備,オペの手順,これらをマイクロスコープの録画像を使用して流れのよい解説で,非常にわかりやすく組み立てている.また,著者の行っている処置の理由,その判断基準も示している.通常診療でも必ず行われる浸潤麻酔についても,著者の患者の安全に対する思いやりが感じられた.水平埋伏智歯の抜歯手順も,マイクロスコープを使用する際のポジショニング,必要で有効な使用器具,分割抜歯手順,縫合についても詳細に解説されている.インプラントの手順や判断基準,骨造成,サイナスアプローチ,最後は光学印象にまで話は及んでいる.
 最初と途中と最後の写真を掲載して解説する本は多々あるが,マイクロスコープで録画した画像から手順よく,読者にわかりやすい,まさしく本書の題名どおりの『ビジュアルマイクロサージェリー』である.本書は,すでにマイクロスコープを使用している先生や,これから口腔外科手術,インプラント手術を学ぼうとする先生にも非常に適切な本といえる.

この商品を買った人はこんな商品もチェックしています

閲覧履歴

  • 商品数:0点
  • 合計:¥0

新刊のご案内

人気TOP10

    ※歯学書.COMでの過去30日分の販売冊数ランキング(自動更新)

    ピックアップ

    ピックアップ
    QRコード
    スマートフォン版はこちらから