Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

ミラーリングテクニック

【読み】:みらーりんぐてくにっく
【英語】:mirroring technique
【書籍】: ザ・クインテッセンス 2011年5月号
【ページ】:84

キーワード解説:

おもに前歯部審美領域において、左右対称性の歯肉概形線をめざすために、反対側同名歯の歯肉縁下のカントゥアを反映させるテクニック。まず研究用模型の歯冠形態をシリコーンにて写し取り、歯肉頂、歯肉概形線、そして歯肉頂から同等の高さにある歯間部歯肉中央の点(interdental gingival midpoint:IGM)を印記する。近遠心IGMを結んだ水平的なライン上でシリコーンをカットし、近心IGMと遠心IGM結んだIGMラインから歯肉頂までの距離をデジタルノギスにて測定する。歯肉圧排後、個歯トレーによる支台歯の印象と、切歯部歯肉縁下のカントゥアの印象を採得する。それらをもとに歯肉頂の近遠心的位置、そして歯肉縁下のカントゥアを反対側同名歯のプロビジョナルレストレーションに反映させるというもの。