Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2019年3月30日

第2回アース・モンダミンセミナー開催

4大学の臨床データおよびエビデンスを発表

 さる3月30日(土)、グランドニッコー東京台場(東京都)において、第2回アース・モンダミンセミナー(アース製薬株式会社主催)が、200名以上の参加者を集め開催された。

 本セミナーは、1987年から販売されてきた「お口クチュクチュ モンダミン」が、2017年4月から歯科医院専売「モンダミンプロケアα」として発売された昨年の第1回に引き続き開催されたものである。

 第1部は、「モンダミンプロケアαの臨床使用報告」として座長の春日井昇平氏(医歯大大学院教授)のもと、渡部麻都氏(オリオン歯科)、眞崎由記氏(新武雄あおぞら歯科クリニック)、江上 希氏(たかた歯科医院)、門田 優氏(庄野歯科診療所)、緒方あずさ氏(まつうら歯科クリニック)、加川紀代美氏(上田歯科医院)ら6名の歯科衛生士が、使用方法、適応症、訪問診療や介護施設での使われ方、使用後のアンケート結果、販売実績などについて報告した。

 第2部は、申 基喆氏(明海大歯学部教授)が「歯周・インプラント治療におけるモンダミンプロケアαの応用」、近藤尚知氏(岩手医科大歯学部教授)が「洗口液(モンダミンプロケアα)の口腔内細菌に対する増殖抑制効果」、春日井氏が「インプラント埋入手術から抜糸までの期間における含嗽剤使用」、馬場一美氏(昭和大歯学部教授)が「超高齢社会におけるオーラルケアの重要性」と題して登壇。歯周治療、インプラント治療、可撤性床義歯を中心とした補綴治療などについての各大学での臨床データおよびそれらのエビデンスを示した。

 なお、本製品は出血予防成分TXA(トラネキサム酸)、抗炎症成分GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)、殺菌成分CPC(塩化セチルピリジニウム)の3つの薬用成分配合を特長に、歯科医院専売として市場を拡大していく予定である。