トピックス

歯科医院デザインでIFデザインアワード2022を受賞

2022年9月号掲載

関連キーワード:

企業 2022年9月号掲載

歯科医院デザインでIFデザインアワード2022を受賞

ジョイントセンター(株)

IFデザインアワード2022で受賞した「横浜駅西口歯科」。
IFデザインアワード2022で受賞した「横浜駅西口歯科」。
 ジョイントセンター株式会社(原 兆英代表取締役)は、インテリア部門の歯科医院空間において日本初となる「iF DESIGN AWARD」を、同社がデザインした「横浜駅西口歯科」(大橋 豪院長)で受賞したことを発表した。

 「iF DESIGN AWARD」は、ドイツを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が主催する、世界3大デザイン賞の1つである。全9分野と81のカテゴリーで構成され、世界的に有名なデザイナーによって毎年すぐれたデザインを選出している。

 本年の「iF DESIGN AWARD 2022」は、世界49か国から10,076もの応募があり、インテリア部門での受賞は全部で433となった。その中で歯科医院空間として受賞したのは同社のみであった。

 原氏は今回の受賞にあたり、「診察ユニットまでオープンにレイアウトし、空間とアートの一体化を意識したことで、クリニックの印象をいっそう良質なものにできた」と述べている。

 なお、同社はこれまでに原宿デンタルオフィス(東京都、山﨑長郎院長)をはじめ、数多くの歯科医院のデザインを手掛け注目を集めている。