1分間コラム

『憧れのオールセラミックが身近に。知りたい!CAD/CAMクラウン』より

2021年10月号掲載

関連キーワード:

2021年10月号掲載

『憧れのオールセラミックが身近に。知りたい!CAD/CAMクラウン』より

 デジタル技術を使って作られるオールセラミックの被せ物(クラウン)のことを、「オールセラミックCAD/CAMクラウン」といいます。患者さんの歯のデジタルデータをもとに、コンピュータ上で被せ物を設計し、材料となるセラミックを削り出します。 材料を機械で削り出して製作するので、いちから手作りする従来の製法と比べて治療費が手ごろなのにくわえ、この10年足らずのあいだにセラミックが格段に進化しているため審美性も向上しています。金属のフレームを使わないことから、金属アレルギーを起こしたり、金属色が見かけに影響する心配...

続きを読むには・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると読むことができます。

会員の方は ログイン