Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2017年3月17日

(一社)日本歯科医学会連合、記者会見を開催

住友理事長、今後の活動の方向性についてコメント

 さる3月17日(金)、歯科医師会館において、(一社)日本歯科医学会連合(以下、学会連合、住友雅人理事長)による記者会見が開催された。昨年の4月1日に一般社団法人格を有する学会連合が設立されて2回目となる社員総会後に開催された本会見では、平成28年度事業内容および平成29年度事業計画などの報告がなされた。

 冒頭の挨拶の中で住友理事長は、学会連合が設立して1年が経過するにあたり、事業活動に関する各種委員会の現状や日本歯科医学会と学会連合との棲み分けなど、今後の方向性について言及。学会が大きく発展していくための多くの提案が出てくることに期待を寄せた。

 その後、井上 孝専務理事より、厚生労働科学研究や日本医療研究開発機構(AMED)などを活用した調査研究について、従来の縦型から横断型を目指して学会連合が中心となってコーディネートするための常置委員会が概説された。また、今井 裕副理事長より日本医療安全調査機構における「医療事故調査等支援団体」としての参加や、歯科専門医制度における第三者機構のありかたについて、歯科関連7団体と協議していることが報告された。

 日本歯科医師会の内部組織である日本歯科医学会とは異なる立場で補完する役割を担う学会連合。学会連合の存在意義や必要性を示すための積極的な情報発信に期待したい。