Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2022年10月14日

東京医科歯科大学と東京工業大学が統合に関する記者会見を開催

2024年を目途に統合、新大学名称は未定

ログインされますと、関連書籍が表示されます。
会員でない方はこちら
(※関連書籍がないトピックスは表示されません)

 さる10月14日(金)、日本橋サイエンスハブ(東京都)において、国立大学法人東京医科歯科大学(以下、医歯大、田中雄二郎学長)と国立大学法人東京工業大学(以下、東工大、益 一哉学長)による統合協議に関する記者会見が開催された。

 会場では、テレビや報道関係者が多数詰めかけるなか、田中氏と益氏より法人統合および大学統合に関する概要が資料とともに説明がなされた。

 医歯大と東工大は、両法人ならびに両大学を統合し、1法人1大学とすることについて合意に達し、同日に基本合意書を締結。両法人が担う役割をふまえ、指定国立大学法人同士による他に類を見ない法人の統合および新しい大学の設立を実現し、国際的に卓越した教育研究拠点として社会とともに活力ある未来を切り拓くことを目指す。

 統合の背景には、地球環境問題、新興・再興感染症、少子高齢社会などの新たな社会課題を解決するために、これまで両大学が積み上げてきた理工学、医歯学に関する数々の実績と知を結集することで、社会に貢献できる大学へとさらに進化できるという共通の認識がある。

 新大学の目指す姿として、1)両大学の尖った研究をさらに推進、2)部局などを超えて連携協働し「コンバージェンス・サイエンス」を展開、3)総合知に基づき未来を切り開く高度専門人材を輩出、4)イノベーションを生み出す多様性、包摂性、公平性をもつ文化――の4つを挙げた。

 統合の時期は、2024年度中を目途として、できる限り早期の統合を目指し、統合時の教育課程については変更せず2028年3月まで(国立大学法人第4期中期目標期間)に、議論を進めるとのこと。総合大学および新大学の名称は未定。

 最後に、田中氏は「新しい大学は社会とともにあることを強く意識している。大学は社会のためにあるが、社会によって支えられていると認識している」と述べ、益氏は会見で使用しなかったキーワードとして「匠」に言及し、「医歯大のミッションの中に『知と癒しの匠』があり、東工大の前身である東京職工学校に通ずる言葉に『匠』がある。2つの匠が新しい社会を創っていきたい」と述べ、両氏とも新大学の設立への協力を訴えた。