Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2024年2月4日

Perio Health Institute Japan(PHIJ)UPDATE MEETING 2024が盛大に開催

「社会とつながる予防歯科のミライ」をテーマに

ログインされますと、関連書籍が表示されます。
会員でない方はこちら
(※関連書籍がないトピックスは表示されません)

 さる2月4日(日)、5日(月)の両日、エルガーラホール(福岡県)において、Perio Health Institute Japan(PHIJ)UPDATE MEETING 2024(今林大輔大会長)が「社会とつながる予防歯科のミライ」をテーマに開催され、歯科医師、歯科衛生士ら550名以上が参集し盛会となった。

 初日のオープニングでは、大会長の今林氏(福岡県開業)、PHIJファウンダーの宮本貴成氏(米国開業)、ディレクターの築山鉄平氏(福岡県開業)がそれぞれ登壇し、今回のUPDATE MEETINGの趣旨や本会にかける想いなどを語った。

 その後、2日間にわたり、数多くのセッションおよび基調講演が行われた。セッションのテーマは、「自治体とオーラルヘルスへの取り組みセッション」「大賀薬局セッション」「FUKUOKA医科歯科連携セッション」「アクサ生命保険株式会社セッション」「ルイヴィトンジャパンセッション」「チームビルディングセッション」「PHIPセッション」「SHEESセッション」「PHIJクリニック発表セッション」「ジェンダーを超えた女性活躍社会next styleセッション」と多岐にわたり、それぞれ示唆に富んだ講演およびディスカッションが展開された。

 基調講演では、ともに米国開業でPHIJファウンダーであるDr. Michael McGuireとDr. E. Todd Scheyerがそれぞれ登壇。いずれもエビデンスベースの多くの臨床例を提示し会場の参加者を魅了したが、特にDr. Scheyerはエアウェイデンティストリーの重要性を強調するとともに、そのアプローチの実際を詳細に解説した。

 2日間とも、業界の枠にとらわれない斬新な内容のセッションが展開され、熱気に包まれたまま閉幕した。なお、次回のUPDATE MEETING 2025は、きたる2025年2月9日(日)、10日(月)の2日間、福岡県にて開催予定。