2024年3月号掲載

業務範囲のグレーゾーン、どこまでセーフでどこからアウト?

歯科技工業務の境界線Q&A(第2回)

歯科技工業務の境界線Q&A(第2回)
※本記事は、「QDT 2024年2月号」より抜粋して掲載。 第2回:歯科技工士が開口器やミラーを患者に使うのは問題か? 歯科技工士がカメラで撮影する行為自体は問題ないが…  歯科技工士にとって、患者の顔貌、歯や歯肉の色調、製作プロセスにおける記録などにおいて写真撮影は極めて重要な作業であり、ある意味「プロのカメラマン」でなければならない。また、歯科診療において、患者の口腔内の写真撮影は、色調、排列などの確認の情報採取、伝達を行ううえで重要である。患者の口腔...

続きを読むには…

この記事は会員限定です。

会員登録すると読むことができます。

関連する特集