1分間コラム

『食べることが少し苦手なお子さんに。「食べる機能」を養うのんびり食育講座』より

2020年10月号掲載

関連キーワード:

2020年10月号掲載

『食べることが少し苦手なお子さんに。「食べる機能」を養うのんびり食育講座』より

 子どもの「食べる機能」は、おっぱいに吸いつく力(原始反射)のように生まれつき備わっているわけではありません。毎日の食事のなかで発達し、獲得していく能力なのです。食べることがちょっと苦手なお子さんのお口の成長に役立つ「歯科ならではのアドバイス」をお教えしましょう。●離乳初期(5、6か月~) それまでおっぱいを原始反射で飲んでいた赤ちゃんにとって、離乳食の開始はおとなが想像する以上に大きなハードル。反射がまだ少し残っていると、いくらおいしい離乳食をあげても「ベェー」と舌で出します。スプーンでちょんちょんと下唇...

続きを読むには・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると読むことができます。

会員の方は ログイン