トピックス

歯科界組織代表・山田 宏氏の決起集会が開催

2022年7月号掲載

関連キーワード:

政治 2022年7月号掲載

歯科界組織代表・山田 宏氏の決起集会が開催

山田 宏後援会

写真左より山田 宏氏と高橋英登氏。
写真左より山田 宏氏と高橋英登氏。
 5月19日(木)、ホテルメトロポリタンエドモント(東京都)において、7月10日投開票(予定)される参議院議員比例代表選挙の歯科界組織代表・山田 宏氏(参議院議員)の決起集会(高橋英登後援会会長)が開催され、多数の歯科医療関係者が参集した。

 開会後、後援会会長を務める高橋英登氏(日本歯科医師連盟会長)は主催者挨拶の中で、「じつに9年ぶりの組織代表選挙である。国民のための歯科医療を実現するために先生方のお力添えをいただきたい」と述べ、山田氏の得票が歯科界の組織票となることからさらなる団結を訴えた。

 引き続き、来賓挨拶として登壇した自民党政調会長の高市早苗氏(衆議院議員)は、山田氏がこれまで取り組んできた健康政策における歯科医療に関する実績を紹介。なかでも同日に開催された政調審議会で承認された「国民皆歯科健診実現」の提言について言及し、今後の公約や骨太方針などに反映されることへの期待を寄せるとともに、参加者に対して「山田先生が大きな支援を得て国政の場で活躍できる環境をつくってほしい」と激励した。また、関口昌一氏(参議院議員会長)をはじめ、尾辻秀久氏(両院議員総会長)、古屋圭司氏(衆議院議員)が激励メッセージをつぎつぎと寄せた。

 山田氏による決意表明では、「歯科の明日を明るくすることをつうじて、日本の未来の扉を開いていきたい」と語気を強めた。また、国民皆歯科健診の実現や、医科歯科の初再診料格差の解消、歯科衛生士と歯科技工士の確保など、「国会議員と一緒に汗を流すチャンスを与えてほしい」と述べた。