Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2024年3月20日

ENスプリングセミナー、ハイブリッド形式で開催

新進気鋭の若手臨床家5名によるコンペティション発表が行われる

ログインされますと、関連書籍が表示されます。
会員でない方はこちら
(※関連書籍がないトピックスは表示されません)

 さる3月20日(水)、Enhancement of New dentistry(EN)のスプリングセミナー(中田光太郎主宰)が、科研製薬株式会社東京支店セミナールーム(東京都)の会場およびWeb配信のハイブリッド形式にて開催された。

 本セミナーでは、EN大阪とEN東京から若手臨床家5名によるコンペティション会員発表と、EN大阪所属の菅田真吾氏(大阪府開業)による記念講演、さらに総義歯臨床専門歯科医師である松丸悠一氏(フリーランス)による教育講演が行われた。各演題・演者を以下に示す。

コンペティション会員発表
「根未完成歯の根管治療を再考する」山内隆守氏(東京都開業)
「顎関節を考慮した咬合再構成―下顎骨側方偏位症例におけるセファロ分析・MRIと顎運動の応用―」松山文樹氏(東京都開業)
「多数歯欠損患者にインプラント治療を行なった1症例」斉藤辰一氏(北海道開業)
「咬合再構成の予知性を高めるための治療戦略と治療の実際」関口 亮氏(埼玉県開業)
「上顎洞底挙上を併用した自家歯牙移植術にレプリカを用いて行なった2症例」前田大輔氏(北海道開業)

記念講演
「審美領域における複数歯連続欠損に対するジンジバルマージンの構築」菅田氏

教育講演
「義歯の形態の基本と高度顎堤吸収症例への対応―治療用義歯を応用した臨床から―」松丸氏

 コンペティション会員発表は会場参加者からの投票により、1位に関口氏が選出され、きたる6月29日より開催される第15回月臨会総会2024において、本会を代表して登壇する予定である。