• ホーム
  • 特集
  • 【PR】患者さんの訴えからその病態に至るまでの道のりを探る歯科臨床メソッドを学ぶ

関連キーワード

2024年5月号掲載

口と、からだと、生涯を診る歯科医師へ。

【PR】患者さんの訴えからその病態に至るまでの道のりを探る歯科臨床メソッドを学ぶ

【PR】患者さんの訴えからその病態に至るまでの道のりを探る歯科臨床メソッドを学ぶ
 咬合と口腔機能・態癖・力の関係を探り、歯科でできる治療法を長年にわたり追究してきた筒井照子氏。このたび、氏の提唱するメソッドを継承・実践し、さまざまな症状の改善に挑む33名の歯科医師による60症例から成る書籍『口腔機能障害のリハビリテーション臨床マニュアル』が発刊されました。編著者の筒井氏に、患者さんを包括的に診る歯科臨床と本書の見どころについて語っていただきました。(編集部) 歯科で診る範疇は、歯科医療の発展とともに変わってきている  か...

続きを読むには…

この記事は会員限定です。

会員登録すると読むことができます。

関連する記事

関連する特集